JGC修行をしながらの、グルメ・ダイエットをすると言うことにになります。


by loosetie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

癖になるビジネスクラスとエアポートラウンジでのひととき、そしてヒルトンホテルの特典

一度マイレージ特典での旅行を、それもビジネスクラスでのフライトを経験すると、その快適さとお酒の美味しさとサービスは癖になります。

そしてVIP会員としてヒルトンホテルに泊まると、とてもリーズナブルな価格での予約でも、部屋のアップグレードや、2人分の朝食とウェルカムドリンク、ラウンジアクセス等の特典があります。

今は無くなってしまい残念ですが、ヒルトン小樽のサービスは最高でした。
ラウンジこそは無いものの、7,000円~8,000円程の山側のシングルユースの予約で、3,000円以上の朝食が2人分付いて、上層階の海側の部屋、目の前に小樽湾とこちらも今は無くなってしまった石原裕次郎記念館が見えます。

でも小樽にあったヒルトンの最高のサービスは、部屋に用意されたウェルカムアイテムでした。
お正月のお節料理を入れるようなタップリとした大きな重箱のような容器に、ケーキやクッキーとフルーツがこれでもかと言うほど、いつも1日では食べきれず、スキーで行く時は必ず3泊~4泊はしていたので、毎日追加されるミネラルウォーター2本と共に、テーブルの上に用意されていました。

その後この重箱は、絵画に使うパレットのような大きめのお皿に変わり、その上にケーキやクッキーとフルーツが用意されるようになりました。
確実に量も質も物足りなくなっていました。
それでもなお他のラウンジが無いヒルトンと比べると充分に充実していたのですが、二段の重箱に比べるとプアーになったように感じたものです。

最近は福岡に行く時は、ヒルトン福岡シーホークがお気に入りです。
朝御飯の充実ぶりは最高です。
大好物のホットチョコレートも作ってくれます。

一度こう言う生活にハマると、確かに癖に成ります。
財布に優しいのか、確実に浪費に成るのか、とても魅力的な誘惑です。




[PR]
by loosetie | 2018-11-08 14:02 | ホテル | Comments(0)